【ライブレポート・感想(ネタバレ&長文注意!)】JUNNA 2ndソロライブツアー「JUNNA ROCK YOU TOUR 2018 ~I’ m Here~」@なんばHatch(大阪)に参戦!《JUNNAちゃん、ここにあり!意外な曲も披露・・・!?》

この記事の所要時間: 2512

4/22(日)、マクロスΔ、ワルキューレのエース美雲・ギンヌメールの歌担当のJUNNAちゃんのライブ、「JJUNNA ROCK YOU TOUR 2018 ~I’ m Here~」@なんばHatch(大阪)に行ってきました!

ワルキューレの3rdライブから約2ヶ月・・・

【ライブレポート・感想】ワルキューレ3rdライブ「ワルキューレは裏切らない」に参戦!感想・レポートざっくり編《歌の力をビリビリ感じたぜ!まさにヤックデカルチャーなリアルマクロス体験!!》

ワルキューレ成分の足りていないところに星の歌い手:美雲ΔJUNNAちゃんの待ちに待ったライブです!
チケット自体、去年の1stライブが終わった時点で予約してたし、それを考えると本当に長いこと待ちましたね〜。

【ヴァいヤヴァすぎなライブだぜ!!】JUNNA ROCK YOU TOUR 2017 ~Vai! Ya! Vai!~ ツアーファイナル@名古屋ダイアモンドホール レビュー・感想
9/10(日)、マクロスΔ、ワルキューレのエース美雲・ギンヌメールの歌担当のJUNNAちゃんのライブ、「JUNNA ROCK YOU TOU...

劇場版マクロスΔ、ワルキューレ3rdライブを経て歌うことの意味を知ったJUNNAちゃんがどんなライブを魅せてくれるのか楽しみでなりません・・・!
相変わらずの長文となり、申し訳ありませんが、ぼちぼちでも読んでいただけると幸いです!

※あくまで管理人個人の主観による感想・レビューですので、あしからず。また、記憶とメモを頼りに書いているものにつき、MCなど多少内容に齟齬がある場合がありますが、そちらもご了承くださいませ。

スポンサーリンク

会場の様子など

到着しました、なんばHatch!


奇しくも2012年にFireBomberのライブでも訪れた思い出深い場所で、そのときの面子3人での参戦となり、エモいことこの上なかったですね笑。
ちなみに整理番号はJ番台!

JUNNAちゃんのライブではJUNNAの「J」が一番最初のアルファベットなので早い段階で入場でき、いい場所、確保できました!去年の段階ですでに予約した成果ですね!!次回ライブも早めの予約が吉かと!

戦利品はボディバッグをゲット!

普段使いにも良さそうないい感じのバッグだぜ!
JUNNAちゃんまわりのスタッフさんも愛用してくださっているそうな。管理人もこれから愛用させていただきます!
ちなみに今回のグッズのラインナップはこんな感じだぞよ!

セトリまとめ

皆様気になっておりますでしょう、セットリストをまとめてみました。

JUNNA ROCK YOU TOUR 2018 ~I’ m Here~
2018/4/22 なんばHatch(大阪) セットリスト
M1 Steppin’ Out
M2 いけないボーダーライン
MC①
M3 大人は判ってくれない
M4 LOVE THNDER GLOW
M5 僕らの戦場
MC②
M6 GIRAFFE BLIUES
M7 火遊び
M8 ソラノスミカ
M9 Here
M10 JINXXX
MC③
M11 ワルキューレは裏切らない
M12 破滅の純情
M13 Vai! Ya! Vai!
M14 Catch Me
〜アンコール〜
M14 涙目爆発音
MC④
M15 スローバラード(RCサクセション・カバー)
MC⑤
M16 Shooting Star

ライブ本編レビュー・感想

それではライブ本編のレビュー&感想いってみたいと思います!ROCK YOU!!

M1 Steppin’ Out

会場が暗転し、「Steppin’ Out」のイントロ(長め)が流れます。舞台上には薄膜のようなもので隠されており、長めのイントロをバックに、その薄膜(幕)上にJUNNAちゃんっぽいシルエットや幾何学模様(?)のようなやつとか光線状のものなど幻惑的かつ立体的な映像が流れます・・・!まるでマクロスのライブシーンさながら!プロジェクション・マッピングってやつなんでしょうかね?こいつはいい演出だ!ワルキューレのライブなどマクロスのライブにもぜひとも反映させましょう、フライングドッグさん!
そして、幕が上がり、JUNNAちゃんとバンドメンバーの皆様の登場!1曲目は1stシングル「Here」に収録されている「Steppin’ Out」だ!ライブの1曲目にやる曲というコンセプトで作られたものを裏切らずに1曲目に持ってきました!オープニングにふさわしい軽快でアゲアゲなナンバー!JUNNAちゃんもところどころ笑顔がこぼれて、イイ顔してるね!さあ楽しいライブの始まりだ!

M2 いけないボーダーライン

イントロが流れた瞬間「おお~・・・!」と会場がどよめきます・・・!そして、紫色の光がポツポツと増えていきます笑。せっかくのワルキューレ曲なんだから光る棒も振らなきゃ、ね!「いくぜ!大阪!!」とJUNNAちゃんもいい感じに煽ってくれて、会場も湧きます!
前回のライブでは最後の最後に持ってきた曲だっただけにこんな序盤でいけボがくるとは驚き・・・。いきなりのフルスロットル具合に戸惑いながらも「体は制御不能」でいつの間にか飛んでました笑。CDでは聴けないライブでの「いっちゃうかもね」のタメ具合が相変わらずイイね!JUNNA節炸裂や!
スタート2曲から畳み掛けてきましたよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一度だけの恋なら/ルンがピカッと光ったら [ ワルキューレ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)

1番も2番も美雲メインの「いけボ」はこちらで

MC①

「まだ2曲なのに、めっちゃ暑いw」とのコメント。あの2曲でスタートならそりゃそうよ笑。我々もいきなりヒートアップさせられましたぜ!
大阪ではいつも話している話題なんですが、との前フリで話がスタート。管理人は聴いたことのない話かな?
「一度だけの恋なら」のMV撮影の帰りに新幹線で寝過ごし、京都まで行ってしまい、大阪で1泊してから帰ったとの失敗談。JUNNAちゃん、初のMV撮影やったし、きっと疲れてたんやね笑。そんなこんながあったので、大阪では恩返しの気持ちで歌いたいとのことでした!失敗ではありますが、思い入れのある場所になって逆に良かったかもですね。
そして、「これでもう折り返しです」ということを言い、一瞬会場が「ざわ・・・」となります。「えっ?今日のライブってミニライブだった・・・のか?」話を聞いている内に「ツアー」の折り返しということが判明。主語がない言い方って誤解を招きやすいよねw。


「あと2公演しかないよ〜」というJUNNAちゃんに対し、客席から「まだ2公演あると考えよう!」との温かい声も。こんなやりとりができるのも距離の近いライブハウスならではでいいなーと思いました。

M3 大人は判ってくれない

前回はエレキギターを弾きながらでしたが、今回はギター無しで、代わりに特徴的な「ガッ・ガッ・ガ・ガー」のギターのところでは激しいヘッドバンキングを見せてくれました。ROCKだねえ、JUNNAちゃん!歌詞も歌ももろんROCKでしたぜ!声の伸びというか、ヴィヴラートといいますか、その辺りも素晴らしかったなあ。

M4 LOVE THNDER GLOW

ROCKな曲が続きます!次はワルキューレの「LOVE THNDER GLOW」!ライブハウスでのバンド演奏向けにアレンジされている(?)せいもあってか、ワルキューレライブとはまた違った荒々しい演奏と歌で頭も心も「ROCK YOU」されそうな感じでした。サビ前の「か・く・し!てぇ!たぁー!」「わ・す・れ!てぇ!たぁー!」の部分が特に動きも相まって激しい歌い方で印象に残っております。

M5 僕らの戦場

マクロス曲の2連発!今回は結構序盤から飛ばしていくな〜。大音響の歌とバンド演奏とそれに負けないくらいの客席からのコールのぶつかり合いはまさに戦場!オレたちの命も燃えたぜ!手の振りすぎと声の出しすぎで汗かいたわー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワルキューレがとまらない [ ワルキューレ ]
価格:2339円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)

美雲ソロの「僕らの戦場」はこちらで

MC②

「今日は満パンなので、前の方がウェッってならないようにお願いします!私に近づきたいのは分かるけど(笑)」なんて小粋なジョークもとばすようになりました。ヒュー、言うじゃなーい?そして、本当に会場は一杯でしたね!大盛況で嬉しい限り!
舞台に設置された扇風機で涼む場面も。マイペースかw。
また、本日はワルキューレの一員である東山奈央さんも関西にいらっしゃっていたとのことで、


東山さんから朝Lineが来たよーとの話もありましたね。メンバー同士の絆、いいですね!

M6 GIRAFFE BLIUES

ここからはしっとりとした曲が続きます、とのことでバラードコーナー突入。1曲目は「GIRAFFE BLIUES」。JUNNAちゃんのジラフは計4回ほど聴いてきましたが、今まで聴いた中で一番聴き応えのあるジラフだったかなと思います。あえて声量や感情を抑えてのしっとりとした歌い方がまたグッときました・・・!ワルキューレの曲なんだけど、ワルキューレで歌うときとはまた違った魅力を引き出していました!歌い終わった後、隣にいた友人も「スゲぇ・・・」と感嘆のため息を漏らしておりました。管理人と友人二人が、何というか完全にマクロスΔ21話のワルキューレ結成の話で、初めて美雲の歌を聴いて、その歌声に圧倒されるカナメ・マキナ・レイナ状態でしたね笑。

そのときの歌もジラフでしたからね〜。ワルキューレ3rdに引き続き、またもやリアルマクロス体験をさせてくるとはJUNNA、恐ろしい子・・・!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対零度θノヴァティック [ ワルキューレ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)

美雲ソロのジラフはこちら

M7 火遊び

続いてのバラードは「火遊び」。ピアノとギターのみのシンプルな伴奏にJUNNAちゃんが情感たっぷりのボーカルを乗せてきます。赤い照明も相まって雰囲気出まくりです・・・!シンプルであるがゆえに彼女の表現力がまた光るんだ、これが。とりあえずみんなきっとこう思ったことであろう、「JUNNAちゃん、17歳だよね・・・?」(笑)。歌っている時としゃべっている時のギャップの激しさを一番感じずにはいられない1曲でした。この先、10年後とかに大人になった彼女がこの曲をまたどんな風に歌うかも楽しみなところですな。

M8 ソラノスミカ

バラードコーナーの最後を飾るのはこの2ndライブツアーが初披露となる(?)「ソラノスミカ」(少なくとも「Here」の大阪のリリイベではやっておらず、管理人としては聴くのは初)。ピアノ1本をバックにJUNNAちゃんが歌い上げます。こちらもシンプルゆえに彼女の歌声をしっかり堪能できました!情感たっぷりな「火遊び」とはまた違った、爽やかで伸びやかな彼女の歌声が素晴らしかった!そして、途中からはCDと違う展開で、豪華なバンドバージョンに切り替わります!こういうライブならではの展開、大好物です!
そして、アウトロに入ると一旦舞台が暗転し、JUNNAちゃんが舞台袖へ一旦向かいます。お色直しタイムすな。ノアさんのコーラス入りのバンド演奏の長めのアウトロで場をつなぎます。縁の下の力持ちですなー。素晴らしい演奏・コーラスをありがとうございます!みんな合わせてチーム「JUNNA ROCK YOU」ですね!

M9 Here

「ソラノスミカ」の長めのアウトロが終わると、会場が再び暗転し、JUNNAちゃんの再登場!そして、アカペラで「たったひとつ、たったひとつの〜」と歌声が響きます・・・!「Here」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
TVアニメ「魔法使いの嫁」のOPテーマにもなったJUNNAちゃんの記念すべき1stシングル曲ですね!まほよめの雰囲気に合わせた感じの黒いドレス風の衣装での登場です。リリースイベントでも生で聴きましたが、やはりバンド演奏によるライブバージョンはまた迫力があっていいですね!独特の雰囲気を演奏でもしっかりと表現してくださったかと・・・!流石です!
そしてJUNNAちゃんのボーカルがやはり何と言っても素晴らしいですね!これも散々ブログでも書いてきたことではありますが、特にアカペラ部分の迫力よな!
CD、まほよめの放映、リリイベと散々聴いてきた曲ではありましたが、このライブツアーでまた一段と素晴らしいものに昇華された気がします。

M10 JINXXX

ドレス風衣装のスカート部分をキャストオフし、動きやすいタイトな感じのスカートにチェンジ!!!!!したところで、次の曲「JINXXX」。コーラスのノアさんとともにラテンを感じるダンスも披露!今回、生JUNNAちゃんは初となる友人Bも好きな曲ですな。低音ボイスが結構響く曲で、そういうところが好きだとか。分かるわ!ライブでダンスの振りを真似してやるのも好きなので、「JINXXX」でもちょっとやっていた模様です笑。
歌詞に「〜ラーーーブ」と入る部分で指で「L」を作って手を振り上げる振りをJUNNAちゃんとノアさんがやるのですが、それをみなさんが真似して一緒に「L」の字指で手を振り上げるのも定番化してきた感じがしますね〜。これからJUNNAちゃんのライブに初めて参加するよーという方はご参考までにどうぞ。

MC③

1stシングル「Here」について。この曲から自分を知ったというファンレターも貰うようになり、とても嬉しかったというようなことを話しておりました。マクロスのみならず、JUNNAちゃんを知ってもらう機会が増えたことは本当、嬉しい限りですね。配信の方も好調だったそうで、JUNNAちゃんの新しい出世作ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Here [ JUNNA ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)

今後もアニメの主題歌やアニメのみならず他のタイアップとかも取っていただいて、色々な方面でJUNNAちゃんの歌を聴いてくれる人が増えるといいすなあ。ということで、次のCDはまだですか、フライングドッグさん?笑

M11 ワルキューレは裏切らない

「次は意外なこの曲です!」とのフリの後に、「いつかぁーー!こーの声が!」と力強い歌声・・・!
まさかの「ワルキューレは裏切らない」だと!?これは何とも嬉しすぎるサプライズだ!!曲とは違っていい意味で期待を裏切るセットリストにしてくるじゃあないか!
管理人も会場もテンションMAX!全力で「うーらぎらない!うーらぎらない!」コールさせていただきました!
そして、JUNNAちゃん、よくぞこの曲を一人で歌いきった!笑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワルキューレは裏切らない [ ワルキューレ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)

M12 破滅の純情

そして、続けても超盛り上がるワルキューレ曲「破滅の純情」!この流れはズルいわ〜(褒め言葉)。
ワルキューレのライブではどちらかというと聴きに回る、「い・く・よ」「と・ぶ・よ」「す・き・よ」の部分にはワルキューレメンバーはいないので我々もコールを入れます。ワルキューレの一員になった気分でちょっと気持ちいいですね笑。
「Yeah!」の部分のコールは相変わらず楽しいですね!JUNNAちゃんもいい感じに煽ってくれてありがとう!最高に盛り上がったぜ!!
そして、今回、間奏部分でJUNNAちゃんがバズーカを客席に撃つという新たな試みも!2初発射され、ライブグッズのTシャツとタオルを丸めたものが発射された模様です。しかし、めでたくスタッフさんのところに飛んで行った模様で、後のアンコールで客席に直接投げておりましたとさw。

M13 Vai! Ya! Vai!

続いては「Vai! Ya! Vai!」です!おいおい、こいつはちょっとスパルタすぎな流れだよ!いつからこんなドSになったんやJUNNA笑!
そして今回の「Vai! Ya! Vai!」ではコール&レスポンスが追加になりました!JUNNAちゃんの「ヴァーイ、ヤ、ヴァーイ、ヤ、ヴァーーイ!」に続けて我々も「ヴァーイ、ヤ、ヴァーイ、ヤ、ヴァーーイ!」と続きます。「今度は学生さんだけで!」「今度は社会人!」「日頃の鬱憤を晴らすように声を出していきましょう!」てな感じでJUNNAちゃんから煽りが入り、我々もそれに応え、全力で声を張り上げます!
JUNNAちゃん名義で初披露となった大事な曲がこのようにみんなでさらに盛り上がれる楽しい曲になり、何というかとても感慨深いものがありましたね。今後もっと進化を遂げていきそうで期待が高まりますな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Vai! Ya! Vai! [ JUNNA ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)

そして、「ワル裏」→「純情」→「Vai! Ya! Vai!」と盛り上がりすぎて、管理人の喉と腕は「Vai! Ya! Vai!」状態になりましたとさw。

M14 Catch Me

「みなさんタオルの用意を!ない人は拳で!涙を拭くハンカチとかでも!」とタオル曲の「Catch Me」がひとまずのラストの曲になります。「涙を拭くハンカチ」とか、きよのんネタに思わずニヤリ。ここでもワルキューレのメンバー同士の絆が見られますね、善き哉、善き哉w。

【ライブレポート・感想】※長文注意!「マクロスΔ」カナメ・バッカニア役:安野希世乃さん1stライブ「ねぇ、一緒に歌おう。そして、“泣け”!」昼の部参戦!《きよのんファン大歓喜のセトリに、そして最高の1stライブに“泣け”!》

みんなでタオルを拳をハンカチ(?)を振る風景はなかなか映えるものがありますね。ライブの定番といいますか。そんないい意味でベタなこの曲で一体感を感じながら〆るのもなかなか乙ですな。
曲が終わった後には舞台から帯が派手に飛び出て、華やかにライブを〆てくれました。管理人は場所的に拾えなかったのですが、終演後にちょっと踏みつけられてクシャっとなったものではありますが、落ちているものをゲットできましたので画像もあげておきますかな。

JUNNAちゃんのメッセージ入りだ!これにはニヤリ・・・!ワイらも愛しておるぞよ!
「ありがとう!」と舞台を去っていくJUNNAちゃんに、管理人の友人Bの「ありがとう!」の声がデカさにJUNNAちゃんが反応するという場面もありましたねw。これから夏のツアーを控えている某大物声優アーティストさんのライブで鍛えているだけあるわ〜。

〜アンコール〜

「Catch Me」が終わってみなさんが去った後の拍手が手拍子へと変わり、そして「アンコール!」の声が徐々に会場に広がっていきます!すでに声がガラガラの管理人も頑張って声出しました!「ヴァンゴォォル」みたいになってましたけどw。

M14 涙目爆発音

アンコール1曲目はまさかの「涙目爆発音」!きよのんのライブならともかく、まさかJUNNAちゃんのライブでこの曲を聴くことになるとは、全くの予想外!そして何とただ歌うだけでなく、ダンスまで完全にこなした状態での披露です!これはテンション上がるわー!アンコールも1発目からもってかれましたよー!涙を拭くハンカチの件はこのアンコール曲の伏線だったのか!?
ワルキューレライブでは見ることができなかったレアな美雲ΔJUNNAちゃん版の涙目を見ること・聴くことができ、何だか得した気分だネ!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Walkure Trap! (初回限定盤 CD+DVD) [ ワルキューレ ]
価格:3125円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)

「涙目爆発音」も収録!

MC④

「いつもは歌えない涙目を歌えて嬉しいです!みなさんどうでしたか?」とのJUNNAちゃんの声に、「爆発しそう!」との声もw。ええ反応やで!マクロスΔ第4話の「お願いされた〜!」のこの人を思い出しますw。

ツアータイトルの「I’m Here」にちなんで、今まで話したことがないこれまでの自分の歩みことを話していきたいとのことで、マクロスのオーディションのときの話しを聞かせてくれました。
オーディションを受けたのは14歳の頃だとのこと。ちょっと脱線して今は17歳で「もうすぐ20歳になっちゃうよ!おばさんだよ!」みたいなことを言ってましたね。いやいや20歳はまだ若いやろ!君がそんなこと言ったら会場のみんなは大概年寄りばかりの集団やで!そして、「みのりちゃんみたいにかわいくてキレイな20歳になりたい」とも。うんうん、そうだよねえ笑。

【イベントレポート・感想】「マクロスΔ」フレイア・ヴィオン役:鈴木みのりちゃんの1stシングル「FEELING AROUND」の発売記念イベント(2/3@お台場ヴィーナスフォート)に参戦!《んご!》

そして、オーディションの話に戻り、知らない偉いっぽい大人の人がいっぱいですごい緊張したーとか、オーディションでは課題曲と自由曲があり、課題曲は「いけないボーダーライン」だったということも話してくれました。そして今回、そのオーディションで歌った自由曲を次に披露してくれるとのこと!

M15 スローバラード(RCサクセション・カバー)

JUNNAちゃんがオーディションの自由曲に選んだのはRCサクセションの「スローバラード」!渋い・・・!Superflyさんがカバーしているのをきっかけにこの曲を知ったそうな。カバー曲ってこういういいところありますよね〜。世代を超えて名曲を知ってもらうきっかけになるといいますか。きっとワルキューレをきっかけで「愛・おぼえていますか」や「ダイアモンドクレバス」を知ってくださった人もいるんじゃないかなー。1stライブでもいくつかカバー曲やってましたが、JUNNAちゃん名義のCDとしてもいつか何かしらのカバー曲が出るといいですなあ。
さて、話を戻しまして、この「スローバラード」、何とギター弾き語りでの披露!仙台のライブでは譜面を見ながらだったそうですが、今回は完全に暗記しての披露!コード弾きだけのシンプルなものながら、なかなか雰囲気出してて、かっこよかったです!テクニックも大事だけど、聞かせ方も大事なんだなーと改めて思い知らされました・・・!管理人も負けてられないぜ!最近お休みがちな歌ってみた動画、がんばらなという気にさせられました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 WHITE(初回限定盤) /Superfly 【中古】afb
価格:1099円(税込、送料別) (2018/4/25時点)

Superflyさんの「スローバラード」はこちら

オリジナルもやっぱりいいよね・・・。

MC⑤

グッズ紹介を行いました。宣伝は大事!終演後もグッズ買っている人たちいっぱいいましたしね。
ちなみにライブでグッズを使いたい方は、先行販売の時間をしっかりとチェックし、先行販売で買うことを強くオススメします!ライブハウスは指定席じゃないから1回開場しちゃうと場所取りでグッズ買う暇なくなるからねー。
JUNNAちゃんのツイッターでも実際にどんな感じなのかを紹介してくれているのでこれからの公演でゲットする方々はそちらもチェックだ!


そして、恒例(?)の「どこから来ましたか?」コーナーです。
四国、九州、日本国内でも遠くから着ているファンの方々も。確かに九州・四国だと今回は大阪が一番近いですもんね〜。
そしてJUNNAちゃん、相変わらずの地理のポンコツっぷりを披露w。日本地図まで持ってきてたのにね・・・。いつまでもそんなJUNNAちゃんでいてくさい(笑)。


また、今回は何と台湾、インド、アメリカと海外からも来ている方々も・・・!歌は国境も時空も越えて届いていくんだね!
そして、「みんなが私の歌を聴きたいと言ってくれる限り、私は声が果てるまで歌い続けます!」との決意表明も!ワルキューレ3rdの挨拶でも言っていたね。そのときのことを思い出して改めて胸熱でございました。さすが我らのJUNNAちゃん!リアルマクロス歌姫〜!

M16 Shooting Star

そして、早いもので本当に最後の曲「Shooting Star」です。前回のライブでもアンコールではないところの最後の曲でしたね。1stミニアルバム「Vai! Ya! Vai!」でもこの曲が最後ですな。爽やかでオサレなミドルテンポな曲で本当の〆です。
そして、今回の「Shooting Star」、何と2番から日本語バージョンに!ライブだけの特別バージョンやで!何か今回のライブは色々得した気分になること多いわ〜。満足、満足!

ご挨拶、記念撮影

バンドメンバーも集めてみんなで「ありがとうございました!」とライブ恒例のご挨拶!
そして、挨拶の後も舞台上を右に左に中央に移動し、みんなに手を振りながら、そして改めて感謝の言葉とお辞儀をしていきます。本当に楽しく素晴らしいライブだったよぞよ!本当にありがとう!!
最後はみんなで記念撮影!バサラスキーを探せ!(笑)
https://twitter.com/junnarockyou/status/988021510433472512

今回のライブツアーも支えてくれておりますバンドメンバーさんたちのつぶやき

1stライブに引き続き今回のライブツアーも支えてくれております、バンドメンバーのみなさんの公演後のつぶやきもご紹介!素晴らしいステージをありがとうございました!

・ギター・バンマス:八橋義幸さん(八橋さん)

・キーボード:松本ジュンさん(松ジュン)
https://twitter.com/jun_plays_pf/status/988020872752517120

・コーラス:Noahさん(ノア)

・ベース:宇野剛史さん(宇野っち)
https://twitter.com/unochannel_net/status/987912011085332480

・ドラム:小久保里沙‏ さん(ボンちゃん)

所感

・もともとスゴいJUNNAちゃんでしたが、よりパワーアップした彼女の歌が聴けました!特にバラード曲では歌唱力が際立ちっぷりがVai! Ya! Vai!ワルキューレ3rdライブはじめ様々な経験を経て歌声や表現力がより深みを増したように感じました!
・歌っているときに客席に目を向けて笑顔がこぼれるシーンなんかも見られ、楽しんでいて、いいなーと思いました。以前よりも余裕見られるようになった気がします。これも経験の賜物かと。
・話しているときは歳相応だけど(友人曰く見守ってあげたくなるとのこと笑)、歌うと圧巻!これがギャップ萌え・・・!
・ライブハウスでのライブは客席と演者さんとの距離も近くていいですね!そして暴力的なまでの音圧で頭クラクラ、心フワフワやで!JUNNAちゃんのライブは個人的にはこのスタンスで続いていってほしいですな。
・まさかのワルキューレ曲から「ワルキューレは裏切らない」「涙目爆発音」が披露!嬉しすぎるサプライズだぜ!
・「ソラノスミカ」や「Shooting Star」など、既存のJUNNA曲もライブならではのアレンジになっており、そこにも思わずニヤリでした・・・!
・↑てな感じで大いに楽しんできました!足パンパンで声ガラガラですわw。腕も筋肉痛気味です・・・。
・オープニングのプロジェクションマッピング的なやつや、バズーカなど今までにない演出も取り入れており、スタッフさんのがんばりも随所に見られ、それもまた良かった!今後もより面白いライブになるようにJUNNAちゃんに投資だ(笑)!

今後のJUNNAちゃん

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ・・・ってわけではないので、参加されたみなさんはアンケートにご協力を!
管理人も、もちろん書きましたよ!アツい思いをSNSやブログなどだけじゃなく公式さん、そしてJUNNAちゃん本人にきちんと届けるのも大事かと。


ツアーも大阪で折り返し!残りは東京と名古屋!!
名古屋はまだチャンスあり(?)当日券もあるかもですので、今からでも参加されたい方はJUNNAちゃんのツイッターをチェックだ!


→とか言っている間に全公演完売です!今回の大阪公演見て、「よし、名古屋も行くか!」って思った人、絶対いると思いますもん。後は当日券情報待ちってところですな。

拙く長い記事ではございましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

今後もJUNNAちゃんから目を離すな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする