【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察① マックス登場の意味は?《ファンサではない。ただの○○だ!》

この記事の所要時間: 1110
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。

みなさん、おつマクです!

マクロス情報局局長のバサラスキー松山です!

いよいよ2021年10月8日

マクロスΔ完全新作劇場版「絶対LIVE!!!!!!」

が公開されました!

この記事では1記事では書ききれなかった見終わっての感想や考察を書いていきたいと思います。

もう書きたいこと多すぎなので、記事分割でテーマ決めてお届け

第1弾最も驚いたであろうサプライズのマックス登場について書いていこうと思います!

※がっつりネタバレありの感想です。映画を見てから読むことをオススメします!

スポンサーリンク

みな各々の「絶対LIVE!!!!!!」

映画を見て感じることは人それぞれ。

そこから生まれるいろんな感情はきっとあなただけの「絶対LIVE!!!!!!」

私の感想や考察は一つの参考程度ということにしていただいて、ぜひとも自分が感じた気持ちを大切にしてほしいです。

絶対ライブ感想など

ネタバレなし▼

【安心のネタバレなし!】マクロス新作映画「絶対ライブ」&「時の迷宮」ネタバレなし感想など
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

がっつりネタバレ▼

※ネタバレ注意!!(10/15更新)【サプライズの連続!?】マクロスΔ完全新作劇場版「絶対LIVE!!!!!!」ネタバレ&感想 
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

10/10舞台挨拶▼

【※ネタバレ注意!】2021/10/10 劇場版マクロスΔ絶対ライブ舞台挨拶生中継レビュー&感想
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

キービジュ第1弾から振り返り▼

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察②  キービジュアル第1弾から振り返る「絶対LIVE!!!!!!」のテーマ《思いの詰まった渾身の1枚!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

ハヤテ▼

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察③  ハヤテについて《あいつ、主人公してやがる!いい感じだ!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...
スポンサーリンク

マックス登場の意味:ただのファンサービスではない!

もちろんファンサービスという側面もあるのでしょうが、ただのファンサービスではないということをはっきりと最初に申し上げさせていただきます。

マックス登場には様々な意味があると感じられました

マックス登場の意味:マックスという人選の妙

マクロスシリーズの過去キャラは色々といますが、マックスという人選が今回非常に妙でした!

旧シリーズ好きだった人へのΔの入り口として、そして新しいファンに旧シリーズを知ってもらうのにピッタリ

初代と7という幅広い2作品をカバーしており、旧シリーズファンに向けての映画への入り口としてはバッチリ!
さらにデュランダルに乗せて同時上映のフロンティアファンも過去シリーズへ目を向けさせる
ミラージュとの接点もうまく活かしたビックリはするものの登場することに唐突感はないところもよき。

フロンティアやΔからの新しいファンへも「この人誰?」ってところから旧マクロスシリーズを見せてマクロス沼へハメていくナイスな戦略でしたね笑

歳をとらせて登場しても問題ない

一度7で歳をとっているので、さほどショックはないですし、歳を取っていて強くても問題ない
マックスだったら、「いや天才マックスやし」の一言で済ませられる笑。

他を食いすぎず、自身の株も下げることのない絶妙なバランス感覚

劇中での扱いもいい塩梅。
上記のように歳をとっていても、自身の株を下げることもないし(逆に爆上げすらした笑)、なおかつ他を食い過ぎることのない絶妙なバランスでしたね。

実は中の人の速水さんがラブコールを出していた

これは知らなかったですね笑。(後の部分でリンク貼っているインタビュー記事より)
いろいろな意味でタイミングが合致して素晴らしいめぐり合わせに結果としてなりましたね。

マックス登場の意味:過去シリーズファンへの挑戦状「Δだって立派なマクロス!」

マックスを入り口にして過去シリーズのファンにもマクロスΔという作品を改めて評価してほしいという河森監督はじめ運営側からの「挑戦状」のようにも感じました。

フロンティアのイサムと違い、事前登場を伏せてのサプライズではなく、予告で事前に登場を発表。しかもフロンティアの代表機YF-29に乗せて。
広告などの宣伝も結構なマックス推し「マクロスおぼえていますか」の煽り文句

これは過去のファンにぜひとも見てほしいという運営からの強い意思を感ぜずにはいられませんね。

・マクロスΔは真の意味でマクロスシリーズの仲間入りをしたんだぞ!
・過去のマクロスシリーズと比較しても遜色ない出来だぞ!
・マクロスはΔワルキューレだけではないんだぞ!

てな感じのことを旧シリーズからのファンにも感じてほしかったのではないでしょうか?

酷評だったマクロスΔを改めて劇場版で改めて評価してほしいという運営側からの思いは絶対にあったんではないかと思います
少なくとも私はそういう思いで絶対ライブを見てほしいと思ってます!

マックス登場の意味:マクロスはまだまだとまらずがんばっている!

作品全体のテーマである「LIVE(生きる)」
マックスという初代からのキャラを登場させることで、マクロスシリーズもまた年月を重ねても「LIVE」=「生き続けている」ことも見せたかったのでは?

スポンサーリンク

マックス登場の意味:フレイアとの比較

若いながら先の短いフレイアの鮮烈な生き方本当はやりたくない艦長を長年やり続けくすぶっていたマックス

・死に向かうとしても自分の生き方を貫いたフレイア
・生きながらも死んでいるような時間を長く過ごしたマックス

との比較は考えさせられるものがある。

「ただなんとなく誰かから与えられた役割をこなし続けるだけで生きていると言えるのか?」
そんなことをこの2人の比較的から考えさせられました。

マックス登場の意味:ミラージュへの救済

TV版でも激情のワルキューレでも立ち位置が最後まである意味中途半端だったミラージュですが、ある意味ミラージュの呪いとも言えるマックス本人が登場することで、改めて自分の立ち位置だったり生き方だったりを自覚することに成功します。

エースの才能はない、そしてヒロインの才能までないことを身内であるマックスに厳しく指摘されるものの、それが決して悪いことばかりではないことを最終的には自覚します。(このあたりはまた改めて別記事で)

祖父母とは違う自分の飛び方を見つけることである意味祖父母超えを果たす
ヒロインじゃなくてもエースじゃなくてもいいミラージュ自身の飛び方が見つかったことはなんというかすごくカタルシスを感じました。

スポンサーリンク

マックス登場の意味:マックス自身そして初代からのファンへの救済

そして、そんなフレイアやミラージュが自分の生き方を示していくことなどに影響され、なんと72歳にしてマックス自身も自分の居場所・生き方を見つけ覚醒します!

劇中で艦長(マクロス7時代)はやむなくやってたことが明かされる
。まあ、マクロス7見続けてきた私にゃうんうんやっぱそうだったんだねって感じでしたが笑。

艦長という重石から解き放たれたマックスや、まさに水を得た魚
ウィンダミアやΔ小隊をボコボコに負かした新型ゴーストがまるで子ども扱いw気持ちのいいくらいの無双っぷり!

そして救援に駆けつけたときΔ小隊から「マックス艦長!」と声をかけられるのですが、それに対するセリフがまた秀逸

「もう私は艦長ではない。ただの天才だ!」

「ただのパイロット」と言うのかと思ったら、「ただの天才だ!」ですよ。
初代で「そうか僕って天才だったのか」と言ってたあの天然マックスが、7でミリアやミレーヌに振り回されてたマックスが、こんなカッコいいイケジジになって再登場するなんて、一体誰が想像できた!

この絶対ライブで

伝説の天才パイロット:マクシミリアン・ジーナスがさらにパワーアップして帰ってきた

とはっきり言うことができます!

素晴らしいサプライズをありがとう・・・!

DX超合金:デュランダル(マックス機) 発売待ったなし!笑

マックス登場の意味:我々へのメッセージ

72歳のマックスがこの歳になって生き方を改めて自覚するんですよ。

「年齢なんて関係ない。自分の生き方見つけて情熱燃やしてこうぜ!」

ってメッセージを強く感じました。
河森監督自身もきっとこういう思いで走っているからこそ発せられるメッセージじゃないでしょうか。

「いやいやマックスは天才やし、俺ではっ・・・」てところに比較としてのミラージュの置き方天才じゃなくったってエースじゃなくったって活躍の場がある凡人である我々へのナイスフォローまで準備してくれるやさしすぎる河森監督w

人生100年時代とも言われ、高齢化を迎えていく日本ですが、こんなおじいちゃんでいっぱいなら日本の未来は明るいんじゃないだろうか?

中の人:速水奨さんだって負けてませんよ。
60代になってなおラップに挑戦したり、お笑いに挑戦したり・・・!
こちらの記事をぜひとも読んでほしい!▼

スポンサーリンク

まとめ

てことでマックス感想&考察いかがでしたでしょうか?

マックスや速水さんのように素敵に歳とりてえなと思いました。

やはりバサラスキー的には7時代からの付き合いで、ブログ名となっているセリフやトップ画面でも使わせていただいているマックス艦長は最優先であるべきなのかな〜と思いましてマックスを一番最初に書かせていただきました

1キャラだけでこんだけの内容書けるなんてやっぱり「絶対LIVE!!!!!!」はスゲー作品なんだと改めて実感させられます。

次は本当は最初に書こうと思ってた物語のテーマとハヤフレについて書こうかと。
メインの2人なのに遅くなっちゃってごめんね笑。

→結局書けなかったよ笑

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察②  キービジュアル第1弾から振り返る「絶対LIVE!!!!!!」のテーマ《思いの詰まった渾身の1枚!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

まだまだマクロスΔ「絶対LIVE!!!!!!」から目を離すな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする