【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察⑤ 絶対ライブで輝く「激情のワルキューレ」消化(昇華)された「TVシリーズ」《メッサーやキースについても語ります》

この記事の所要時間: 938
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。

みなさん、おつマクです!

マクロス情報局局長のバサラスキー松山です!

いよいよ2021年10月8日

マクロスΔ完全新作劇場版「絶対LIVE!!!!!!」

が公開されました!

この記事では1記事では書ききれなかった見終わっての感想や考察を書いていきたいと思います。

もう書きたいこと多すぎなので、記事分割でテーマ決めてお届け

第5弾前作劇場版「激情のワルキューレ」と「TVシリーズ」と絶対ライブのつながりについて書いていこうと思います!

※がっつりネタバレありの感想です。映画を見てから読むことをオススメします!

スポンサーリンク

みな各々の「絶対LIVE!!!!!!」

映画を見て感じることは人それぞれ。

そこから生まれるいろんな感情はきっとあなただけの「絶対LIVE!!!!!!」

私の感想や考察は一つの参考程度ということにしていただいて、ぜひとも自分が感じた気持ちを大切にしてほしいです。

絶対ライブ感想など

ネタバレなし▼

【安心のネタバレなし!】マクロス新作映画「絶対ライブ」&「時の迷宮」ネタバレなし感想など
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

がっつりネタバレ▼

※ネタバレ注意!!(10/24更新)【サプライズの連続!?】マクロスΔ完全新作劇場版「絶対LIVE!!!!!!」ネタバレ&感想 
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

マックス登場の意味▼

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察① マックス登場の意味は?《ファンサではない。ただの○○だ!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

10/10舞台挨拶▼

【※ネタバレ注意!】2021/10/10 劇場版マクロスΔ絶対ライブ舞台挨拶生中継レビュー&感想
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

キービジュ第1弾から振り返り▼

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察②  キービジュアル第1弾から振り返る「絶対LIVE!!!!!!」のテーマ《思いの詰まった渾身の1枚!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

ハヤテ▼

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察③  ハヤテについて《あいつ、主人公してやがる!いい感じだ!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

フレイア▼

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察④ フレイアについて《絶対ライブで真のマクロスヒロインへ・・・!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...
スポンサーリンク

絶対ライブで「激情のワルキューレ」と「TVシリーズ」全てを統括しマクロスΔが真の完成を迎える

と私は感じました。

以下、語っていきます。

絶対ライブを通して輝く「激情のワルキューレ」

ちゃんと絶対ライブにつながっている激情のワルキューレ

絶対ライブで伝えられる「生きる」「生き様」というテーマは実は「激情のワルキューレ」の時点でもかなり伝えられていたなと絶ライ視聴後には感じます。

メッサーの生き様はまさしく今回のフレイア

TVシリーズもそうですが、「激情のワルキューレ」でのメッサーの生き様はまさに今回の「絶対LIVE!!!!!!」のテーマを貫いていたなと感じます。

絶対ライブでフレイアが示した生き様はまさに激情のワルキューレのメッサーそのものでした。

「仲間をカナメを守るために命を燃やしたメッサー」

メッサーは決して「死ぬ」ためではなく、自らの意思でカナメや皆を守るために戦場へ赴き、命を燃やしました。

ハヤテとみんなと生きるために命を燃やしたフレイア

同じようにフレイアも「死ぬ」ためではなく、自らの意思でワルキューレとして歌い生きることを選び命を燃やしました。

メッサーの最後はTVシリーズと激情のワルキューレで変わっています
TVシリーズでは白騎士に撃墜されますが、激情のワルキューレでは命を燃や尽くしヴァール化によって命を散らすという形に。
完全に絶対ライブにおけるフレイアと姿が重なります
彼もまた自らの生き様を貫き命を燃やしたのです。

メッサーのTVシリーズからの諸々の変更はただのファンサービスのみならず、今回の映画も見据えてのことだったのでは?と思えてきます。
さすが河森監督・・・!

そして、メッサーの魂がΔ小隊やカナメの中に生き続けるように、フレイアもまたワルキューレやハヤテの中でちゃんと生きているということを改めて感じることができ、あのラストもなるべくしてなったという納得感が生まれます。

【※ネタバレ注意!!】マクロスΔ劇場新作「絶対LIVE!!!!!!」感想・考察④ フレイアについて《絶対ライブで真のマクロスヒロインへ・・・!》
※スマートフォンなどでご覧の場合、各種リンクをクリックしてもページに移動できない場合はページを更新してみてください。 みなさん、おつマクで...

みなさんの中でメッサーは死んでいますか?
ライブで名前が叫ばれるパイロットなんて今までのマクロスパイロットにいましたか?
ちゃんとメッサーは生き続けてますよね?

同じようにフレイアもまた生き続けているのではないでしょうか?

と前回感想の補足をさせていただきます。

キースの生き様 キース再登場がなかった理由

激情のワルキューレで、人の意識を一つにし永遠を生きようとするロイドに対するキースのアンサーがこれ、

「人は皆、己の風を持って生きるもの」

すでに絶対ライブのテーマ語っちゃってるよ、この人(笑)
さすがの白騎士様!

私をはじめキース再登場を期待した人は絶ライでは残念な思いをしたとは思いますが、視聴後の今となっては出なくて正解だったなと思います。

ウィンダミアの空を、そしてそこに生きる人それぞれが持つ風を守るために生きる

というのがキースの「絶対LIVE!!!!!!」だったのでしょう。

「永遠などとっくに感じていた」

すでに生き方を見つけ生き様を示したキースの再登場は野暮ってもんかな、と。

キースの物語はTVシリーズと激情のワルキューレでじっくり楽しみましょう!

絶ライを経て生まれるロイドへの共感

そして絶対ライブ後にはロイドへの共感まで生まれてくるという不思議。

フレイア喪失という大きなショックを経てようやく理解できる「永遠」を求めるロイドの心情
彼なりに寿命の短いウィンダミア人のことを考えての行動でもありますからね
ややもすると我々もロイドのような道をたどってしまうのかもしれないな〜と感じました。
今回の絶ライのクロムウェルも同様ですね。失ってしまったものを取り戻すために禁忌に手を出そうとするという。

激情のワルキューレのロイドの最期ではないですが

「あの時永遠はすぐそこに・・・」

なんですよね、きっと。

我々の中にすでにフレイアやメッサーとの「永遠」はきっとあるのだから、それは求めるだけ野暮ってものなのかもしれません。

いや〜このつながり方、スゲーわ。鳥肌たったぜ、河森監督!

スポンサーリンク

絶対ライブを通して消化(昇華)された「TVシリーズ」

TVシリーズのみの話もほぼ補完

絶対ライブでは、TVシリーズのみで語られ、激情のワルキューレで語られなかった部分もちゃんと補完してくれました。

・ライトインメルマンとインメルマンポエム
・レディM
・イプシロン財団
・美雲以外の星の歌い手細胞

などなど・・・
散りばめられた設定や伏線をうまく、そしてほぼ全て回収しまとめてくれたと思います。

劇場版2作でマクロスΔのほぼ全てを網羅したと言えます。

その他の消化不良も見事に消化(昇華)

主人公であるハヤテ

ヒロインであるフレイア

もう1人のヒロインであるミラージュ

TVシリーズや激情のワルキューレで消化不良だったこの3人を特にしっかりと掘り下げ、昇華させてくれたことの功績も大きいと感じます。

激情のワルキューレでこの3人をあまり活躍させなかったのは完結編とも言える絶対ライブでこの3人にスポットを当てるためであったのではないかと今となっては感ぜずにはいられない。

TVシリーズでメインになるはずだった3人がようやく報われたなと感じます。

劇場版2作でTVシリーズのおいしいどこ取り

TVシリーズは前半クールは間違いなく面白かったと思います。
後半は展開こそ微妙だったものの、

「フレイアのバースデー回」
「レイナのハッキング回」
「美雲の正体」
「ワルキューレの過去」
「ライト・インメルマンとインメルマンポエム」

などなどいい回だったり面白い設定など素材としてはいいものが揃ってました

それを劇場版2作でおいしいどこどりして、うまい具合にまとめてくれたのは素晴らしかったです。
ちゃんと「マクロスΔ」という軸からブレることなく、スッキリと完結させてくれました!

やっぱりマクロスΔは面白くなる要素のある作品だったんだと絶対ライブを見て改めて感じました。

TVシリーズのその先がきちんと描かれた

さらにおいしいどこどりだけで終わらず、物語的にもキャラの成長的にもどちらかと中途半端に終わったTVシリーズのその先が描かれました

TVシリーズ最終回からは考えられないくらいの視聴後のスッキリ感です笑。

マクロスΔという作品、そしてそこに生きるキャラクターたちが報われたなあと本当に感じます。

じゃあTVシリーズはいらない子?

・・・と言われればそういうわけでもなく、

TVシリーズがなければ当然ながら激ワルも絶ライもないわけでして。

また、

TVシリーズ→激ワル→絶ライ

時系列順に見るとより理解やエモさが深まる部分もあったり、と。

特にハヤテとフレイアの成長や関係性はTVシリーズを知っているとより感慨深さが生まれます

正直劇場2作だけでマクロスΔを十分楽しめると胸を張って言えますが、マクロスΔの世界観によりどっぷり浸かりたいからやはりTVシリーズも見てほしいですね。

初代からの伝統となりつつある、

TVシリーズで実験→劇場版できっちりまとめる

という、初代→F→Δと続くマクロスお家芸のマッチポンプも感じられるかと笑

スポンサーリンク

さあともにハマろうマクロスΔ沼

絶対ライブを見終わり、この記事を読んだ今、「激情のワルキューレ」とTVシリーズはさらに面白くみれるはず!

TVシリーズのBOX激情のワルキューレの円盤好評発売中!
(局長は当然購入済み)

ちなみにTVシリーズBOXは貴重なワルキューレ1stライブの一部収録やワルキューレのフォトブック付きのお得アイテムですよ!

さあともにマクロスΔ沼にハマろうではないか!

まとめ

と、いうことで激ワル・TVシリーズとのつながりについての感想・考察いかがだったでしょうか?

自分のようにリアルタイムでTVシリーズ1話から追いかけている人ほど、絶対ライブは楽しめているのではないでしょうか?
感想からも溢れ出てますが、最も絶対ライブを楽しんでいるのはおそらく私だろう笑。

この記事をきっかけにTVシリーズや激情のワルキューレにも興味を持ってくだされば幸いなり!

次回はワルキューレについて書く予定です。
フレイアについてはほぼ書きましたので、他の4人のメンバーひとりひとりについて語りましょう!

まだまだマクロスΔ「絶対LIVE!!!!!!」から目を離すな!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする